Amazonセラーセントラル画面でのダウンロードできるレポートの解説

レポートの解説

 

Amazon販売をしている方は知っている方もいるかとは思いますが、

Amazonではさまざまなレポートをダウンロードすることができます

 

このレポートはしっかりと活用しれば、かなり便利ですので

ぜひこの記事を読んであなたもこれから活用してみてください

 

Amazonレポート

まず、Amazonのセラーセントラルページにログインします

 

ページにログインしましたら

【INVENTORY】⇒【Inventory Reports】をクリックします

 

Baidu IME_2015-10-10_0-38-15

yajirusi_gra1_blue

Baidu IME_2015-10-10_0-40-41

 

この画面でAmazon販売での多くのレポートをダウンロードすることができます

Baidu IME_2015-10-10_0-43-52

 

Inventory Report】:出品レポート

販売中の商品一覧をダウンロードできます
出品数が多ければこのレポートを活用したほうがいいです

 

Active Listings Report

販売中の商品一覧をダウンロードできます

 

Amazon Fulfilled Inventory Report】FBAレポート

あなたがFBAで販売している商品一覧をダウンロードできます

 

Open Listings Report

販売中の商品レポート

 

Open Listings Report Lite

販売中の商品レポート

表示項目:SKU・quantit・price・productID

 

Open Listings Report Lite Liter

販売中の商品レポート

表示項目:SKU・quantity

 

Sold Listings Report

売れた商品の一覧をダウンロードできます

 

以上がよく使うAmazonで取得することができるレポート一覧です

このようにしてレポートなども活用していくといいでしょう

 

Inventory Reports】以外にも、

Order Reports】や【Unshipped Orders】もあります

 

Baidu IME_2015-10-10_1-42-48

 

Order Reports】はこれまでの注文された商品を120日前までの

注文の履歴をダウンロードできます

 

Baidu IME_2015-10-10_1-43-34

 

Unshipped Orders】は未発送の商品一覧をダウンロードできます

 

Baidu IME_2015-10-10_1-47-11

 

レポートはテキスト形式でのダウンロードになります

 

テキスト形式で表示するとかなり見にくいので、エクセルなどに

貼り付けると見やすくなります

 

Baidu IME_2015-10-10_1-29-28

yajirusi_gra1_blueBaidu IME_2015-10-10_1-35-16

 

最後に

必ずしもレポートは活用する必要はありませんし、レポートを

使用しなくても輸出ビジネスでは稼いでいくことはできます

 

プライスターなどを使用しれば、プライスターが毎回時間ごとに

レポートをダウンロードして自動的に売れた商品や出品中の商品などを

プライスター画面で確認することができます

プライスターの記事はこちら

 

次の記事では、出品に申請が必要なカテゴリーについてお伝えしています

大口出品者登録していても出品できないカテゴリーなども存在します。

そのようなカテゴリー一覧と申請方法についてお伝えしておりますので

ぜひご覧になってみてくださいね

申請が必要なカテゴリーと申請方法

 

コメントを残す




CAPTCHA