Amazon輸出で外注化した際に教育などに使うツール、サイト一覧

 

別の記事では、作業を外注化する際に外注を募集するサイト一覧

などを紹介しました

 

外注募集サイト記事はこちら

 

外注さんを雇用するとなると当然、あなたが任せる仕事をしっかりと

教えていかなければいけません

 

しかし、あなたが10人の外注さんを雇用して一人一人に作業内容を

教えているとあなたの時間はいくらあっても足りませんし、毎回雇う事に

教育に時間を掛けていては売上は伸びるどころか減っていく一方です

 

そのためにマニュアルなどを一度しっかりと時間をかけて作れば、マニュアルが

外注さんを教育してくれることになります

 

例え20人雇ったとしても、外注さんの教育をするのはマニュアルになりますので

あなたが教育する時間というのは極力減らしていく事ができるでしょう

 

今回は外注さんを教育する際に便利なサイト、ツールについて解説のほうを

していきたいと思います

外注の際に便利なサイト、ツール

bandicam

Baidu IME_2015-10-9_22-6-2

 

自分のPC画面を録画することができるツールです無料でも使えますが、

無料版は15分くらいの撮影しかできなかったと思います

 

今後このビジネスで稼いでいくのでしたら、必ず必要になってくると思いますので

有料版を購入することをオススメします

 

僕が毎回使っているのもこのツールです

 


 

ドロップボックス

 

Baidu IME_2015-10-9_22-16-31

 

ドロップボックスは非常に便利なサイトです!

ファイルなどを外注さんに共有したりして入力してもらうこともできますし、

自分のスマートフォンやiPhoneなどと同期しておけばいつでもスマートフォンやiPhoneで

ドロップボックスないのファイルを見れますし、写真を同期することも可能です

 

無料でも使用できるのでぜひ、ダウンロードしておいてください


 

YouTube

imgres

最初に紹介したbandicamで任せたい作業をYouTubeにアップロードしれば

YouTubeでのリンクを外注さんに見てもらうだけで作業を教えることが出来ます

 

bandicamで録画した動画をそのまま外注さんに送るのもいいのですが

動画を送るとなるとファイルの容量の問題で送れなかったりPCによっては

再生できなかったりとします

 

YouTubeにアップロードしておけば、リンクを教えるだけですのでとても便利です

また、動画を【限定公開】に設定しておけば他人に動画をみられる事もありません

 


 

 

スカイプ

skype_logo

 

スカイプは外注さんと連絡を取り合うのに必須なツールです

画面を共有して、作業をみせたりPCの操作を説明することもできます

 

また、外注さんでグループを作り全員でチャットやグループ通話も

することができます!

 

普段離れている外注さんとグループミーティングしていくのもいいでしょう

 

最後に

上記以外にももっと便利なサイトやツールはありますが、ここで

すべて解説していくとかなり長くなりますので、その都度その都度

別の記事でサイトやツールなどを紹介していきますね(^^)

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました

コメントを残す




CAPTCHA