輸出ビジネスでの出品サービス掲示板を使用した商品リサーチ

 

今回はAmazonの出品サービス掲示板をつかった

商品リサーチについて解説していきたいと思います

 

Amazonが収集したデータを参考に商品を探し出す方法です

 

出品サービス掲示板リサーチ

Baidu IME_2015-10-21_22-11-59

出品サービス掲示板はこちら

 

日本のAmazonの各カテゴリーの売上や観覧数トップ1000位のデータを

見ることができる掲示板です

 

日本で売れているということはアメリカのAmazonでも人気商品の可能性が

高いので多くの人気商品を見つけ出すことが出来るようになります

 

Baidu IME_2015-10-21_22-16-6

 

今回は【おもちゃ&ホビー】の【売上額TOP1000】のデータを

見てみたいと思います

 

各項目をクリックしたら下記の画像のように自動で別タブで開きます

 

Baidu IME_2015-10-21_22-18-28

 

これでは何が何なのか全くわからないです!

 

なので、一度すべてコピーしてメモに貼り付けてそれもコピーして

エクセルに貼り付けると見やすくなります

 

最初でエクセルにコピーするとズレるので、メモに貼り付けてから

エクセルに貼り付ける方が見やすくなります

 

メモはテラパッドを使うといいです

テラパッドはこちら

Baidu IME_2015-10-21_22-30-30

yajirusi_gra1_blue

Baidu IME_2015-10-21_22-32-20

 

上記のようにエクセルに貼り付けたらだいぶ見やすくなりました

ここから一つずつASINコードをコピーして日本のAmazonと

アメリカのAmazonで価格差のある商品を見つけていくといいでしょう

 

今回も価格差のある商品をすぐに見つけることができました

 

Baidu IME_2015-10-21_22-38-55

yajirusi_gra1_blue

Baidu IME_2015-10-21_22-39-37

 

79.98=9597円(1$=120円計算)

9597-4445=5152円

 

5152円から販売手数料や国際送料がかかりますが、それを引いても

3000円以上の利益は残る商品です

 

また、アメリカのAmazonには商品登録がされていないものも

多く見つかりますので、その際には新規出品してあなただけで

単独で販売することもできます

 

Baidu IME_2015-10-21_22-45-53

 

このようにして出品サービス掲示板を利用するだけでも価格差のある商品を

かなり大量に見つけていくことが可能になります

 

最後に

今回は【おもちゃ&ホビー】のカテゴリーで実践しましたが他にも多くのカテゴリーが

ありますので、すべてのカテゴリーを確認して価格差商品を探してください

 

出品サービス掲示板だけでも何千~何万もの商品をさがしだすことができますので

ライバルと差をつけてガンガン稼いでください

 

次の記事ではFBA販売をしたい方にFBA販売されている商品リストをプレゼント

しますので、ぜひそちらのリストを参考にFBAリサーチをしていくといいでしょう。

 

FBA販売されている商品というのは、利益率が高く回転も速い商品なので

とても参考になるかと思いますのでご覧になってみてくださいね

FBA販売されている商品リスト

1件のコメント

  • idaten

    いやぁカズさん凄いです
    いろんなリサーチがあるのには本当に驚きです。
    今回もありがとうございました。

コメントを残す




CAPTCHA