何をやってもうまくいかない人の3つの特徴

Some-Thoughts-On-Failure

 

どうも、Kazuです

今回は何をやってもうまくいかない人の特徴をお伝えしていきます。

 

これまでに何十人もコンサルしたり、外注を何十人も雇ったり、スタッフを雇ったりとしてきて全員に同じ情報を与えても結果を出す人もいれば、全く結果を出すことができない人もいます。

 

うまくいけば、そのままそれを実践していけばいいのですが、うまくいかない人は同じことを実践してもうまくいかないだけですので、時間とお金を捨てているだけになります。

 

今回はうまくいかない人がどうすれば、ちょっとでも結果を出せるようになるかについて記載していきますので、ぜひ最後までご覧になってみてください

 

結果を出すには

 

マインドセット

まずは、マインドです。マインドができていなければ絶対と言っていいほどうまくいかないです。

これまでの価値観で何十年も生きて、いい結果がでないのですから、価値観や考え方を変えないとずっと今のままです。今までの価値観が今の結果ですので、マインドセットは常におこなっていくようにしていきましょう。

 

僕の別のブログにマインドセットを記載しておりますので、ぜひそちらをすべて目を通して何回も何回も読むようにしてください。

マインドセットの記事はこちら

 

マインドは簡単に変えられるものではないので、日々のマインドセットが重要になります。ノウハウや手法というのはその後です!

ウィンドゥズ95のPCにウィンドゥズ8の最新ソフトを入れても動かないようにマインドができていない人が最新のノウハウをいれても起動しません。

 

PDCA

今現在、ビジネスに挑戦してなかなか結果が出ないのには必ず理由というのがあります。

学んでいるノウハウが悪いのか?、作業が悪いのか?、リサーチが悪いのか?

その【理由】を見つけなければ、いくら実践しても結局はうまくいかないだけです。【努力は報われる】といいますが、無駄な努力は何をやっても無駄です!

 

東京から沖縄に向かいたいのにひたすら北に向かっても沖縄には到着しないように、努力の方向生などもしっかりと明確にするようにしていきましょう。

Plan(計画)⇒Do(実行)⇒Check(評価)⇒Action(改善)

何度も何度もこのPDCAを繰り返し、上手くいくやり方を見つけていくようにしましょう

 

自己流

 

どんなにいいアドバイスをしても、どんなにいいノウハウを提供してもそれを素直に実践しなければ結果が出ないのは当たり前です。

ちゃんと実践してるけどな~】と思う方も必ずどこかで自己流のやり方が入っているはずです。それで結果が出ない方がおかしいです

 

まずは、言われたことは素直に聞いて結果を出す!そこで結果が出たら、さらに売上や利益を伸ばすために自分のオリジナル手法なども探していくようにしましょう。

最初からオリジナルのやり方なんて上手くいくわけがないです。運がいい人は上手くいったとしてもそれは長続きはしないので、結局失敗するだけです。

 

プライドが高い人も言うこと聞かずに自分のやり方をするパターンも多いのですが、そのプライドは1円にもなりませんので、さっさと捨てましょう!

守破離】は非常に重要な考え方です。

 

最後に

他にもいろいろと原因というのはあるはずですが、この上記の3つをしっかりとこなしていけば必ず結果というのは出ます!あーだ、こーだ言う前にまずは実践してみてください。

 

上手く言っているひとたちは、ここがしっかりと出来ている人たちです。あなたもこれから人生を変えたいのであれば、今までの手法や価値観を変えていかなければなにも変わりませんので、ぜひ実践していくようにしてくださいね

 

追伸1

LINE@に質問をいただけると
すぐに返信する事が出来ます

ぜひ登録してくださいね

※LINE登録頂いた方には
【自動化戦略】の動画をプレゼントしております

(LINE@登録方法)
スマホからはコチラをクリック

友だち追加数

追伸2

フェイスブックページでも常に情報を受け取れます

もしよろしければ【いいね】をポチッとお願いします

フェイスブックページはこちら

2件のコメント

  • 現在せどりを行ってコミニティーに入り先輩の実践の仕方を行っています。
    KAZUさんの言うとうりちょっと数字が良いとプライドが出てきます。
    先輩にももっと聞いてと言われる為自分では取らない商品なども聞き幅をドンドン広げていきます。

  • Harinezumi

    マインドセットがとても大事なことが良くわかりました。現在、実践を始めたなかでcheckの段階を行っています。PDCAサイクルを忘れるところでした。

コメントを残す




CAPTCHA