Amazon輸出ユーザー権限の設定方法


Amazon輸出ビジネスでは自分一人で実践していくのもいいのですが

売上などが軌道に乗ってきたら、人に任せていくという方法もあります

 

人に任せることができれば、自分が全てを実践しなくても自動でビジネスが

回る仕組みも作れますし、時間にも余裕ができます

 

あなたは時間に余裕ができれば、戦略を考えたり、新しいビジネスにも

挑戦していくことも出来るようになります

 

しかし、外注さんにあなたのAmazonのIDとパスワードを教えてログインを

させる事は危険です

 

今回は、安心してあなたのAmazonにログインさせることができる【ユーザー権限】に

ついて解説していきたいと思います

 

ユーザー権限の設定

Baidu IME_2015-10-22_1-32-57

 

Amazonセラーセントラルの画面にログインしたら

settings】⇒【User Pemissions】をクリックします

 

Baidu IME_2015-10-22_1-33-42

 

上記の画面になりましたら、ユーザー権限を

与えたい外注さんのアドレスを入力して【Send invitation】をクリックします

 

外注さんがメールを受け取り確認リンクをクリックしたら

アクセス権限を与えることができます

 

Baidu IME_2015-10-22_1-35-1

 

ユーザー権限を与えたたら、上記の赤い部分に隠している項目に外注さんの

名前とメールアドレスが表示されます

 

edit】をクリックして外注さんに表示させる部分を変更できます

 

下記の画像のようにすべて英語での表示になりますが、Googleクロームであれば

日本語に変換したら見やすくなります

 

Baidu IME_2015-10-22_1-37-14

yajirusi_gra1_blue

Baidu IME_2015-10-22_1-37-46

 

Amazon管理画面の見せたくない部分は【None】に設定し

作業を依頼する項目だけ【View&Edit】に設定するだけです

 

Baidu IME_2015-10-22_1-38-59

 

気をつけて欲しいのは【Settinge】⇒【User Permissions】という項目には

チェックマークを入れないようにしてください

 

ここにチェックマークをいれるとスーパーユーザーとみなされ

アカウントの保持者と同じ権限を与えることになります

 

外注さんが過去にAmazonのアカウントをサスペンドをされていて

あなたがスーパーユーザーの権限を与えるとあなたのアカウントも

停止になる可能性があります

 

複数のアカウントをIPを変えて運用する場合もスーパーユーザーの

権限は与えないようにしてください

 

User Permissions】だけ気をつけておけば、あとは安心して

外注さんに仕事を依頼することができます

 

商品登録、出品作業、FBA納品、メッセージの確認など

一つ一つ仕事を任せていけば、自分が労力をかけてもビジネスが

回るようになってきますので、ぜひ外注化も取り組んでください

 

では、本日も最後までお読みいただきありがとうございました

コメントを残す




CAPTCHA